運動音痴でも出来る100m走必勝法

100m走は陸上競技の中でも花形競技となり、
運動神経が良い人にとっては活躍する大チャンスとなります。

しかし、運動音痴の時は100m走は自分の醜態を晒す可能性が高く、
あまり楽しい競技ではありません。

私自身、あまり陸上競技は得意ではない為、
100m走はあまり好きではありませんでした。

しかし、全員が参加しなくてはいけない場合、
負けたくない為、どうにかして勝つ方法はないか、
自分が持っている力を活かすことは出来ないか、
どのようにやれば速く走れるようになるのか、
と色々と考えてみました。

そこで、100mという短い距離を走りぬく為の練習方法や
競技中にどのように走るかの戦略等をまとめてみました。

100走の練習法

運動音痴にとって、100mを走ることが苦痛です。

そこで、100m走の練習とはいえ何回も何回も100mを走りたくはありません。
そこで効率良く練習をする方法を考えてみました

足を早く動かすために、腕を早く振る練習

人間の体は、いろんなところが繋がっています。

右足を前に出すときに、左腕が前に出ること、
左足を前に出すときは、右腕が前に出る等、
まっすぐ前に進むためには体全体でバランスを取るために
体が反応します。

そのため、腕を早く振る運動をするだけで、
足を早く動かす下準備をすることができます。

走るときにしっかりと腕を振れるよう、
練習をする際にもしっかりと腕も意識して前後に振り切りましょう。

しなやかな筋肉を作る

陸上で最速の動物であるチーターの動きを見てみると、
しなやかな動きで、前に飛び跳ねるように走っていることがわかります。

人間の場合は、チーターのように4本足で走るわけではないため、
2本の足で走る際にどのように真似るかと考えると、
一つ一つのステップをしなる筋肉によって、前に進む力を生み出すことです。

チーターの足の動きを見ると、かぎ爪によって地面をしっかりと掴み、
足首を支点として、各足をバネのようにして跳んでいることがわかります。

同様の動きを真似するのであれば、
足のつま先部分のみ地面につけ、踝を支点に前に跳ねる為の筋肉を作ることとなります。

そのような筋肉は、上述した通り早く動かす運動にて鍛えることができます。
速く動かす筋肉を作るためにも、足を速く動かす練習を行います。

また、前に進む力を生み出すためにも、しなやかな筋肉と合わせて、
しっかりと足で地面を蹴ることと太ももをあげて前に出す力をつけていきましょう。

太ももを上げる力を持つことで、高いところから足を落とすため地面を蹴る力が増えるため、
より前に跳ねることが可能となります。

ぶれない体でまっすぐ走る

前述した二つの練習により、上半身と下半身が鍛えられたと思います。
そこで、効率よく前に進むためには、体が左右に振れないようにする必要があります

下半身の動きで、前に進む力を作り、
上半身の腕を振る動きで左右に体がぶれることを抑制しつつ、
前後に腕を振るため、前に進む加速力を増加することができます。

上半身と下半身の運動ができたら、あとは実際に走ってみることです。

運動音痴の場合、上半身と下半身を動かそうと思っても
バラバラな動きになってしまいがちなので、
体の中心(頭の先からお尻まで)に棒が刺さったかのごとく、
左右にぶれない体づくり、走り方をマスターするだけで、
前よりはやく走ることができます。

ぶれない体で走れば、走る姿も様になるし自身もついてくると思います。

また運動音痴だから、走るのが嫌い。
100m走なんて走りたくない!って思っていたままだと
体が動くことを拒否して、はやく走ることはできません。

なので、上記の練習にをする際に、
自分自身の気持ちを変えて、
得意だと考えることが速くなるために重要なファクターとなります。

一度苦手意識を克服して、練習をしてみて、
100m走を楽しんでください