持久力と最大酸素摂取量の関係性とは

近年マラソンやトライアスロンが人気のスポーツとなってきており、
完走を目指す方もいたり、ある程度の目標時間を決めて臨む方も多いかと思います。

このような協議をいろいろと調べたり、
持久力トレーニングをしていると、最大酸素摂取量という言葉を耳にします。

では、この最大酸素摂取量とは、何なのか?
なぜ持久力向上に必要なのか?
また、どのようにすればこの値を高めることができるのか?

など、いろいろと疑問が出てきます。

今回は、上記の疑問を踏まえて、
最大酸素摂取量と持久力の関係性について考察してみます。

最大酸素摂取量とは?

まず、最大酸素摂取量について考察してみます

我々の体は通常の生活では必要最低限のエネルギーを消費しながら動いていますが、
運動などを行う際には、通常より多くのエネルギーが必要となります。

酸素摂取量とは、有酸素運動を行う際に使用される有酸素性エネルギーを作り出すために、
呼吸などから取り込んだ酸素の量のことを指します。

この酸素摂取量は、運動強度に比例して増加していきます。
例えば、通常のランニングのペースで100の値が必要な人が
80%のペースで走る場合は摂取量は80となり、
逆に120%などの速いペースで走る際には摂取量は120となる。のようなものです。

ただし、この摂取量は無尽蔵に増やすことができるわけではなく、
人によって頭打ちになる量が変わります。その値を最大酸素摂取量といいます。

最大酸素摂取量に到達した後は、いくら運動強度を上げたとしても、
酸素摂取量は変わらなくなるため、代わりに無酸素性のエネルギーが超過分を負担します。

この無酸素運動エネルギーですが、一種のブースターのようなものとなり、
有酸素運動で足りない分を補うほどの力となり、長期的には使い続けることはできません。
そのため、無酸素性のエネルギーがなくなった後は、自身の持つ有酸素エネルギー分で運動を続けることになるため、
速度や強度が下がることにつながります。

最大酸素摂取量の鍛え方

では、この最大酸素摂取量は鍛えることはできないのでしょうか?

前述した通り自分の有酸素エネルギー分が頭打ちになった後は、
無酸素性エネルギーが負担するとなり、最大酸素摂取量は増加しないように感じます。

しかし、一度限界まで体を動かすと、体はそこがリミットであると認識し、少しずつ変革しようとします。

ダーウィンが残した有名な言葉の通り、
強いものが生き残るのではなく、変化に対応したものが生き残る。とある通り、
人間は少しずつ変わっていくことができます。

そのため、最大酸素摂取量を向上させるためには
長距離の練習だけでなく、息が切れるほどの高強度のトレーニングを行うことが重要です。

具体的には、毎日5㎞を走ることを日課としているのであれば、
最後の500mは徐々にスピードを上げていき、最後の100mで全力で走りきることなどです。

すでに最大酸素摂取量に近い状態で運動を行っている中で、
さらに限界を超えるようなトレーニングを行うことで、取り込める酸素量が徐々にですが増えてきます。

持久力と最大酸素摂取量

最後に、持久力と最大酸素摂取量の関係性について考察してみます。

最大酸素摂取量は前述した通り、有酸素性エネルギーで取り入れることができる最大値となります。
また、有酸素性エネルギーは運動強度に比例して増加していくともお伝えしました。

通常の持久力ではこの最大酸素摂取量はあまり関係ありませんが、
マラソンやトライアスロンなどの競技になった場合はおおきく関係してきます。

一つは、時間を競う競技となるため、運動時の速さ(運動強度)が重要となります。
酸素摂取量は運動強度によって比例するため、速く走るとそれに合わせて酸素摂取量も高くなっていきます。

速く・長く走るためには高い酸素摂取量が必要となるのですが、
最大酸素摂取量によって頭打ちになってしまいます。

ここで、最大酸素摂取量が高ければ高いほど、より速く・長く走ることが可能となります。
そのため、日々のトレーニングにあたり持久力トレーニングに加えて
最大酸素摂取量を高めるための高強度のトレーニングを取り入れることで、
マラソンなどの競技で目標時間を達成することにつながると思います。