鉄人レースのための全身の持久力

全身の持久力を使う競技と聞いて、どのようなスポーツが思い浮かぶでしょうか?
マラソンなどの持久走などが多いかと思います。

しかし、そのマラソンを遥かに凌駕する競技があります。
それはトライアスロンです。
中でも鉄人レース(Iron Man)と言われる競技では、
フルマラソンに加えて、遠泳や長距離の自転車があります。

通常のトライアスロンでも大きく3種類あります。
オリンピックなどではショートディスタンスと言われ、
スイムが1.5km、バイクが40km、ランが10kmとなります。
その他に、ロングディスタンスでは
スイムが4.0km、バイクが120km、ランが30kmとなり
一気に距離が伸びます。
さらに、前述の鉄人レースでは、
スイムが3.8km、バイクが180km、ランが42.195kmと
バイクとランが一気に距離がのびたためスイムが200m短くなっていますが、
それでもまさに鉄人と言われる所以のレースです。

では、それぞれの競技の持久力について考察してみます。

水泳の持久力

まず水泳の持久力について考察してみます。
水泳は、トライアスロンの中でも一番距離が短い種目となりますが、
体にかかる負荷が一番大きい競技でもあります。

水泳の持久力の特徴としては、呼吸が容易に出来ない状態での運動となるため、
肺活量なども鍛えることが必要となります。

トライアスロンでの水泳は主にクロールの泳法が採用されます。
この泳法では、一番力を入れないでも前に進むことが出来ることや、
一番速く泳ぐ事が出来ることが挙げられます。

もちろん長距離泳ぐために練習は必要ではありますが、
実際の試合では波のある海などを泳ぐため、
プールで泳ぐより実際の試合では大変である事を理解する必要もあります。

泳法に加えて水泳の持久力で重要なこととしては、
水泳はトライアスロンでも一番最初の競技である事のため、
前半で飛ばし過ぎてしまうと、次のバイクそしてランにつなぐことが出来なくなるため、
出来るだけ体力を温存しながら速く泳ぐ泳法を身につけることが重要となります。

バイクの持久力

次にバイクの持久力となります。

バイクは、トライアスロンの中でもっとも長い距離を走ります。
平坦な道ならそこまで難しくはないと思いますが、
必ず丘陵を走ることになりますので、戦略を立てる必要があります。

なお、バイクでは主に太ももの筋肉を使います。
太ももの筋肉でしっかりとペダルを漕ぐことで推進力を作ることとなります。
しかし、そのためにも上半身がブレないような体感も必要となります。
上半身がブレてしまうと、空気抵抗が大きくなるため、
結果ロスが多くなり余計な体力を使うことになってしまいます。

練習方法としては、斜面を含むバイク用の道を走ることです。
また、体幹を鍛えるためにも、空気抵抗を減らすためにも、
バイクを漕ぐ姿勢をしっかりとビデオに取るなどして研究することも重要となります。

丘陵などの高低差も走ることで、足の筋力を鍛えることができます。
その際、丘陵を後半に入れることで持久力を高めることに繋がります。

マラソンの持久力

最後にマラソンの持久力です。

トライアスロンでも、最後の競技となり一番体力的に厳しい時に行う競技となり、
距離も短くても10km、長くてフルマラソンと通常のマラソンでも大変な距離を走ることとなります。

では、このマラソンの持久力ですが、それ以前の競技で酷使した筋肉を考えてみます。

まず、水泳ですが、体全体を使った運動となりますが、
一番疲労の原因となるものが、水に奪われる体温となります。
水泳後のバイクでは一気に体が冷えることになるため、
体を冷やさないようにしっかりと水気を拭き取ることと、
内側から温めるための食事なども重要となります。

次に、バイクですが、一番酷使されるのは太ももの大腿筋となります。
この筋肉は走る時にも使われる筋肉であり、マラソンでも使われる筋肉となります。
そのため、バイクで足を酷使しすぎるとマラソンに影響が出てしまうこともあります。
もちろん、レースのためスピードを競う必要もあるのでゆっくりすることはよくないので、
必ず自分なりのペースを作り、駆け足になり過ぎないようにペースを保つことが重要です。

では、本題のマラソンの持久力ですが、上記のバイクと似たような筋肉を使いますが、
マラソンでは太ももだけではなく、主に脚全体の筋力を使うこととなります。

少し本題から逸れてしまいましたが、鉄人レース・トライアスロンを完走するためには
しっかりとペース配分を考えた上で自分自身との戦いとなります。
その際は、周りのペースに乱されないようしっかりと自身をコントロールして挑んでください。