持久力を高める意味を考えてみた

様々なスポーツで持久力を高めることが言われているが、
そこまでスポーツをしていない人に持久力は必要なのか?

持久力の有効性や通常の生活で持久力がどう活用されるのか、
それらを考察ために、持久力を高める意味について考えてみようと思います。

持久力の定義

まず、持久力の定義ですが、
文字通り、持久力とは長く持続させることができる力となります。

スポーツの世界では、主に長時間運動をすることの力だといわれており、
マラソン選手やトライアスロン選手はこの力が高いといわれてます。

この持久力ですが、大きく分けて2つの要素が集まって活躍しています。

まず一つは、筋肉自体の力です。
長時間動くためにはそれなりに動かし続けるための筋肉量が必要となります。

ただ、この筋肉量ですが、
持久力に使われる筋肉と瞬発力に使われる筋肉の二種類あります。

持久力を鍛えるためには、長い間使えるような筋肉を作る必要があります。
そのためには、ボディービルのような重い筋肉を作るのではなく、
ブルースリーのような細くみえるけど、しなやかで強い筋肉を作ることが重要となります。

しなやかな筋肉の作り方は、低負荷で回数・長時間を繰り返すような運動となります。

もう一つの要素は心肺機能となります。

長時間体を動かし続けるためには、エネルギーとそれを燃やすための酸素が必要となります。
心肺機能は、体全体に酸素とエネルギーをいきわたらせるため、持久力には不可欠な要素です。

心肺能力を高めるためには、心拍を高めることと滞りなく体全体に血を巡らせる体つくりとなります。
心拍を高めることは、有酸素運動をすることで鍛えることができますが、
滞りなく体全体に血を巡らせる体つくりのためには、
健康的な血管と血を持つことが重要となります。

では、健康的な血管とはどのようなものを指すでしょうか?
答えは、毛細血管が体全体にしっかりといきわたっている状態のことを指します。
血管はどろどろの血液などにより血栓ができてしまうと、
必要なところに血液を届けることができなくなります。

特に毛細血管は通常の赤血球の直径よりも細くなることもあるため、
血液がさらさらときれいに流れるような状態を保つことが必要となります。

また、血液を構成するうえで、赤血球の量や大きさも持久力には影響していきます。
赤血球は主に酸素を運ぶ役目を持っています。
その赤血球の大きさが小さいと一度に運べる酸素の数も少なくなりますし、
量が少ないと同様に一度に運べる酸素の数が減ってしまいます。

できるだけきれいな血液を保つためには、
バランスの良い食事に加え、鉄分やビタミンをしっかりと補給することとなります。
その他に水分もしっかりと補給することがきれいな血液を保つ秘訣となります。

日々の生活で持久力はどう使われるのか

では、次に日々の生活で持久力はどのように使われるのか、考察してみます。

持久力は、前述の通り長く使い続ける力となります。
これは、すこし見方を変えると、長く使い続けることができるのであれば、
通常の活動に余力を持つことができることにつながります。

例えば、通勤や通学で10分歩くとします。
通常であれば10分歩くだけで軽い運動になりますが、
持久力が高ければその10分では特に体への負荷は感じません。
また、駅に着いた際に階段を上ることにも余力が出てきます。

このように普段の行動に余力ができると考えると、
持久力があれば仕事等へのパフォーマンスを向上することにつながります。

私たちは普段の何気ない生活の中でいろいろと活動をしています。
先ほど例に挙げた通り、通学や通勤での歩きや自転車、
駅での階段の上り下り、
ショッピングセンターやテーマパーク内での歩きなど、
普通に生活をしているだけでもいろいろと動くことがあります。

持久力があれば、このような状況でも疲れることなく楽しむことができます。
このように日々の生活でも持久力は活用されています。

持久力を高める意味

では、スポーツをしないのに持久力を高める意味はあるのでしょうか?

前述の通り、通常の生活でも持久力は使われています。
しかし、疲れにくくすることのみが目的となりえるでしょうか?

そこで注目したいのが二つ目の要素の心肺機能です。

心肺機能は前述した通り体中に酸素やエネルギーをいきわたらせる役目を果たしています。

体中にエネルギーをいきわたらせるということは、新陳代謝を正常にさせることにつながります。
そのため、心肺機能をしっかりと保つことは体をきれいにすることにつながります。

たとえば、皮膚の組織を作るのも血液が運んできたエネルギーがベースとなりますし、
骨組織をしっかりと作るのも血液が運ぶ栄養素となります。

このように、心肺機能を高めることで体を疲れにくくさせるだけでなく
体をきれいにさせることや、病気等にもなりにくい体を作るためにも重要な役割を果たします。

持久力の要素の一つ、筋力を鍛えれば通常の生活でも疲れにくくなり、
もう一つの要素の心肺機能を鍛えれば、病気になりにくくなると、
通常の生活でも持久力は有効な力です。

そのため、毎日の生活をだらだらと過ごすのではなく
持久力・体をきれいに整える力を鍛えることを意識してみてください。
通常の生活を少し工夫するだけでも上記の能力は高めることが可能です。