インナーマッスル ダイエット

インナーマッスルはダイエットに使える



インナーマッスルを鍛える運動は、息切れしない有酸素運動とも言えるでしょう。筋肉がある事を意識してゆっくりした動作を心がけてみましょう。

このインナーマッスルを鍛えるトレーニングは、息切れのしない有酸素運動は新陳代謝を良くするトレーニングでもあるので脂肪燃焼という方向のダイエット効果もあるでしょう。また、インナーマッスルのトレーニングは基礎代謝を上げる効果もあると考えられます。姿勢を正すなどの普段の動きで使われる筋肉なので、この部分で代謝が増えると太りにくい身体になることでしょう。

ダイエットベルトなどの骨盤ダイエットやピラティスもインナーマッスルを鍛えてダイエットに応用していると言えるでしょう。インナーマッスルを鍛えるダイエットは体型を整えて行くダイエットですので成功した時には、太りにくい美しい身体を手に入れる事が出来るかもしれません。

肩や背中のインナーマッスルを鍛えると姿勢が良くなり、ラインが美しくなります。また、肩甲骨周辺には背中の贅肉を落としやすくするとされる膏肓というダイエットにいいつぼや、脂肪燃焼を促進させ体温をあげる細胞組織があるとされています。肩甲骨周りの可動域が広がると自然にこのあたりが活性化されダイエット効果が出てくるかもしれません。背中の脂肪がなくなると自分ではあまりわかりませんが、見た目は違ってきます。

腹部のインナーマッスルを鍛える事は、下腹部をへっこませる事に有効です。また、呼吸に注意していると、痩せただけでは閉まりにくい肋骨の広がりにも効果がでてきます。鳩胸でアンダーバストが大きいという方は試してみて下さい。効果があるかもしれません。簡単に言うと肋骨を閉めるイメージで腹式呼吸をして下さい。詳しくはヨガや気功などを調べてみて下さい。整体院で直る場合もあります。

残念なビール腹だったのに・・・
楽して割れた腹筋が可能になった理由とは?


1日10分以下で腹筋を割る! モテる筋肉、モテない筋肉 筋肉に投資をした後で 海外は地獄?