実は、美容だけではないアスタキサンチンと持久力の関係

アスタキサンチンと聞いて、何を思い浮かべますか?
アスタキサンチンを有名にしたものの一つは富士フィルムが開発したアスタリフトという化粧品だと思います。

このアスタキサンチンの抗酸化成分が注目され、富士フィルムが化粧品として売り出しました。

実は、このアスタキサンチンですが、美容だけにはとどまらないすごい成分があることがわかってきています。

今回は、このアスタキサンチンについて成分とどのようなものに含まれているのか等を考察したうえで、
どのように持久力の運動に有効なのか、調べていきたいと思います。

アスタキサンチンって何?

まず、アスタキサンチンとは何か調べてみました。

アスタキサンチンはカロテノイドの一種であり天然色素の一種です。
とはいえ、天然色素だからなんだって感じですが、
このカロテノイドというのは緑黄色野菜に多く含まれているβカロテンも同じ種類となり、
相応に体に良さそうな成分に感じます。

では、このアスタキサンチンとは主にどのようなものなのでしょうか?
アスタキサンチンが多く含まれている食材として有名なのは、
鮭やカニ、エビ等、赤い身を持つ魚介類が多いです。
しかし、これらの魚介類は実は生まれたときから体が赤いわけではありません。
体を赤くするために、アスタキサンチンを豊富に含む食材を食べて育つことによって赤身になります。

たまにテレビ等でも紹介されていますが、鮭の稚魚をご想像ください。
稚魚の時は鮭は透明でそのまま白身の魚になり、海へと旅立ちます。

海で成長する過程の中で、アスタキサンチンを多く含むオキアミを食することで体を赤身に変えて川に戻ってきます。

このようにアスタキサンチンは赤の天然色素の一種であり、
鮭やいくら、カニやエビなどに含まれていることがわかりました。

アスタキサンチンの効能

次に、アスタキサンチンの効能について調べてみます。

前述の通り鮭は白身で生まれ、海を回遊する際にアスタキサンチンを多く含み、
体、主に筋肉部分にアスタキサンチンを取り入れることで赤身に変わっていくことをご紹介しました。

では、なぜアスタキサンチンを取り入れるのでしょうか?
それは、アスタキサンチンが持つ、強い抗酸化作用にあります。

抗酸化作用とは、文字通り酸化に抗う力となり、
体内に取り入れた酸素が活性酸素になることに抗う力となり、
体内の活性酸素を減少する役割を持ちます。

この活性酸素が過剰に発生された際に、体内にいろいろな不具合を起こします。
過剰な活性酸素により、細胞が傷つけられることになり、
例えば筋繊維などを破壊することで疲労の大きな原因となります。

ほかにも、皺やシミなどの原因にもなりかねないため、
過剰な活性酸素を抑制することが美容や健康に良いと研究が進められてきました。

このアスタキサンチンには、強い抗酸化作用を持っているため、
鮭などが産卵のために川登をする力としてたくわえ、
さらに卵にアスタキサンチンを渡すことで太陽からの紫外線にも耐えられるような卵を産むために、
アスタキサンチンを摂取することが研究で分かってきています。

アスタキサンチンと持久力の関係性

最後に、アスタキサンチンと持久力の関係性について考察してみます。

前述でアスタキサンチンは強い抗酸化作用を持っているため、
活性酸素によって細胞が傷つくのを防ぐ役目を持っていると説明しました。

実は持久力運動など、長時間の運動では体に相当な負荷がかかることで、
活性酸素が大量に発生します。

この活性酸素が筋繊維などを破壊を促すため、筋繊維を修復するために乳酸がたまり、
結果、疲労や筋肉痛、等を引き起こします。

アスタキサンチンを体内に摂取しておけば、活性酸素による筋繊維の破壊を抑制することに繋がるため、
疲労の防止や疲れからの回復を速めてくれるため、より長くトレーニングを行うことができます。

また、アスタキサンチンは糖のかわりに体内に蓄積されている脂肪をエネルギーに変えやすくする効果もあるため、
長距離運動などで糖分が足りなくなった際に脂肪分からのエネルギー補給が効率よく行うことができるため、
エネルギー切れなどの心配も少なくなります。

このように、アスタキサンチンは持久力系の運動にも重宝される成分であるため、
できるだけ日ごろから摂取することを心がけることでトレーニングや競技のパフォーマンス向上につながります。

持久力にも良いアスタキサンチンですが、美容にも十分優れた成分ですので、
美容の持久力も一緒に高めていければ、より若々しくいられると思います。